日本防災復興と救援 Learning Japanese disaster prevention and recovery methods

皆様こんばんは

先月は厳しい暑さも収まり、湿気も増え、福岡の高い湿度に慣れない私にとってはだいぶ過ごしやすくなりました。この最強な気温の中、人生最後の夏休みを一ヶ月近く福岡で体験できたことをとても嬉しく思います。

大学では、熊本と佐賀のゼミ旅行に参加しました。去年の熊本の地震の話は沢山聞いていましたが、1年後、実際自分の目で仮設団地や、熊本城の工事現場を見るのは、地震が人々にどういった影響を及ぼしたのか、理解を少し深めることができたような気がして、とても勉強になりました。佐賀での土地計画イベントでは、建築のイベントにもかかわらず、日本の一流マーケティング会社からのゲストスピーカーが偶然参加しており、とても面白いお話が聞けて、ものすごくラッキーな体験ができました。

国際交流センターと外務省を通して、先月は中南米の日経の方々と交流会をすることができました。中南米に住む、日経の実業家、ジャーナリストや政治家の方々とお話するのは初めてで、とても楽しく、貴重な時間を過ごせたことをとても嬉しく思います。

家族会の方々には朝倉市の災害のボランティアと稲刈りに連れて行っていただきました。地震に影響された町を見るのはほとんど初めてで、山の近くに行くと、埋もれた家、完全に潰れた家などが沢山あり、大きく広がっている川、傾いた家や土砂崩れはとても心に残る光景でした。田植えと比べて、稲刈りはもっと労働力を必要とする作業で、前日に雨が降っていたせいか、靴も泥だらけになってしまいました。日本で毎日食べている美味しいお米はこういった作業のおかげで作られていると実感できる、とても良い機会でした。

県費留学生のみんなとは、魚料理教室、別府旅行、箱崎祭りなどを体験できました。魚料理教室では、お魚の餌を開発する会社の方々と大きなブリをお料理の先生の指導のもと5種類の料理に調理し、最後に食事会を行いました。新鮮なブリはとっても美味しかったです。別府では、高崎山を登り、温泉を体験しました。高崎山で猿の赤ちゃんにスカートをつかまれ、ぶらさがられたときは、心臓が止まりそうになるくらい驚きましたが、とっても面白い思い出ができました。箱崎祭りでも太鼓のパフォーマンスや美味しい屋台の食べ物が沢山食べられて、楽しい時間を過ごすことができました。

先月は、親戚に会うこともできました。美味しいお料理と父の子供時代のお話などが聞けて、とても楽しい時間を過ごすことができました。

皆様、先月も大変お世話になりました。あと5ヶ月弱、どうぞ宜しくお願い致します!

Summary of events:

Kyushu University: Kumamoto Saga seminar camp learning about last year’s Kumamoto earthquake.

Fukuoka International Exchange Centre: Nikkei Latin American exchange through the foreign ministry of affairs.

Kazokukai Group: Asakura natural disaster volunteering, rice harvesting.

Kenpi Students: Fish cooking lesson, Beppu travel, Hakozaki matsuri.

Family: Met my Fukuoka family members.

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

w

Connecting to %s